スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年01月10日

在對方的身上尋找自己童年的影子

當我們隨著時光的流轉而長大,回憶中總會有令我們感動的幸福。每一個人都以時光的名義向前走,采過的花,走下的路,再回首,曾經被打動的心情,溫暖如故。
寒假的一個下午,天氣晴朗,因不想悶在家裡看電視,約會技巧就約兒時的玩伴雯,“去田間走走吧。”
陽光暖暖地照著,我們走在一條小路上,左邊是一壟連著一壟的麥田,右邊是一條小河,小河的兩旁是兩排楊樹,光禿的枝幹有些耐不住寂寞似的,挺直了身子張望春天。不遠處是一大片池塘,隱約地就能聞到些許泥土味夾雜著麥苗的味道。我們盡情地呼吸新鮮空氣,“還是家鄉好啊!”我們不謀而合地說道,之後就相視笑了。這兩年,雯一直在上海打工,我則在中部求學,我們每年只見面一次,一見到彼此就相互感慨一番,急切地在對方的身上尋找自己童年的影子。
“看那邊,野菜!”雯興奮地叫了起來,我順著她指的方向望去,一小簇野菜很隱蔽地夾在麥苗的中間,像是一個做錯事的孩子躲藏了起來。在農村的田間,看到野菜是很平常的事情,然而我並不驚訝於雯的興奮,因為距上次我們在一起挖野菜,算一算已有七八年的光景了。
“還記得我們小時候在一起挖野菜麼?”雯的眼睛裡泛著漣漪,這讓我想起了以前她挎竹籃的場景,雯那雙大大的眼睛是最敏捷的,每次都是她挖到的野菜最多,等回家的時候我們都會從她的竹籃裡偷野菜,她總是氣的嘴巴噘得高高的。
“當然了,那時我們好幾個人在一起,好開心”我說。
“是啊,有莉、楠、林、還有青,我們總是在一起。”雯有些感傷的說。
“希望她們現在過得都好”我拉著雯的胳膊,“等把你也嫁出去,我就放心咯。”
雯抽出胳膊佯裝要捶我,我趕緊跑開了,隱約地傳來雯的笑聲,“你也逃不掉的。”我繼續跑,婚戀網站把身後的話都讓給風聽了。
池塘裡還有一層薄冰,下午的陽光變得柔和,照在冰面上就看到一個水做的太陽。我們找了一片乾草地坐了下來,雯撿起身邊的小石子扔在冰面上發出清脆的響聲。
“小時候我們總是在這裡游泳的,還記得嗎?”我說,“那時還會遊到月亮島上去撿鴨蛋”月亮島是池塘中心高出水面的一個土堆,名字是我們幾個起的,上面長滿了蘆葦,夏天的時候很容易在蘆葦叢中撿到鴨蛋。
“嗯,多想回到那時候啊!”雯籲了一口氣躺在草地上,雯是有心事的,現在她家裡面正在張羅著給她相親。我是留不住雯的,或許有一天我連自己都留不住,就像我們看著楠嫁到陽穀,青嫁到日照,林嫁到安徽,莉奔向遼寧,天南地北各自飛,我們所能做的,就是祝福,就是道一聲珍重,再道一聲珍重。
“雯,她們會幸福的,我們也會。”
雯點了點頭便望向了遠處那片碧綠的麥田,有幾隻小麻雀追逐著向更遠的地方飛去了。
有時候我們總是想要留住一段時光,牛欄牌問題奶粉最後還是看著它悄悄地從我們的指縫中溜走,事情變得有些無可奈何,其實這一切都與時光無關,我們所要做的就是記住那些明媚,走向另一片明淨,如此安好。
  


Posted by stairhee at 17:55Comments(0)牛欄牌

2013年12月31日

そう言えば

短編小説の中でも、非常に短い小説の事を『掌編(しょうへん)小説』と呼ぶ。
”掌”は、てのひらのこと。
最近よくあるケータイ小説も、このような短い小説。
掌編小説という呼び方は、日本だけの呼び名で、かなり昔からあるが、
誰がこの言葉を思いついたのか牛欄牌回收
ケータイで、まさに、”てのひら”にのっけて読む小説と、
いつの間にか、その名の如くになっている。

”掌” のことを ”たなごころ” とも呼ぶ。
「タナのこころ」という事になるが、
この「タナ」は、「手の」という音が訛(なま)ったものという説がある。
すなわち、「手の心」。
いわば、「手には、心があるぞ」という意味になるだろうか。

また、この”掌”を使った慣用句に、
「掌(たなごころ)を指すように明らか」という言葉がある。
使い方としては、「彼の無実は、掌を指すように明らかだ」
のように使われる牛欄牌奶粉
意味としては、「極めて明白で、疑問の余地がないようす」となる。

「”掌”を指すように」というのは、何とも奇妙な表現だと思って調べてみると、
出典は、『論語』八佾(はちいつ)第三。
そこに出てくるのは、
一つの逸話。

ある人が「天帝の儀式の意義」とは何ですか?
と孔子に訊いたところ、
孔子は、「私はそんなことは知らない」と答え、
「そんな事を知っている人物がいるとすれば、
天下はここにあるようなものだな」と掌を指した、
というところから来ている。


そう言えば、今は ”掌” にあるスマホで何でもできる時代。

電話をかける事、調べもの牛欄牌問題奶粉、地図、ナビゲータ、
まさに”掌”を指せば、何でもできてしまう。

孔子は、それを予言していた?!  


Posted by stairhee at 10:48Comments(0)牛欄牌

2013年12月17日

人から見ると

50年したら、実家に帰ってくると言った息子。
5年ならわかるが、50年。
定期預金でいえば、50年満期。
利子は? 元本は? 
預けた銀行は、50年も経営破たんせずに健全に営業されているのか?
通貨自体が史雲遜、変わっているかも知れない。国家自体も?

彼は、そもそも、子供の頃から、「おじいさんに、なりたい」と言っていた。
なにを考えているのか、よくわからない息子であるが、
わたしの変人ぶり、偏ったガンコぶりが、遺伝していないことを祈るばかりだ。


なんの見返りも求めない、無になれる行為。
人から見ると、まったく意味のない
無益なものに没頭できる楽しさを、見つけ始めた、わたし。
究極の境地にまでは、まだ、まったくたどり着いていない。
たんに、スタートしただけである雪纖瘦纖體
最初の第一歩。
そういう境地があるという、予告編のようなものを見て、知った段階。
(そこで、止まるかも知れないが)

今までまるで理解できなかった、「どこがよくて?」の不思議感。
ランナーズハイのような、険しい山に登る登山者のような、とても辛そうなのに、本人たちは快感に満ち溢れている。
あそこまで、ストイックな分野、レベルではないにしても。

これが、人の役に立つ分野なら、マザーテレサになれるのだが、
残念なことに、自己満足分野に止まって収まっている。
そこらあたりが、小市民牛欄牌問題奶粉
小さい人間のほうが、幸せを得やすい、と実感する。  


Posted by stairhee at 11:24Comments(0)牛欄牌

2013年11月15日

皆様、よい眠りを

愛ある日々を送るのさ。


こんばんは。snidelの洋服を着てモテてみたい慧です。
あんな女の子らしくてかわいい服、
着てモテないわけがない牛欄牌奶粉
同性にも異性にもきっとキャッキャされるに違いない←

ここのところ更新が続いておりますが、
アクセス数も伸びてきて嬉しいです~(*ノωノ)
目指せ絶頂期!※腐女子ランキング5位
引き続きがんばっていきたいと思います。
皆さんコメントも気軽にしてくださいね!
寂しいですので(笑)


さてさて、
一昨日と昨日は大学の入試で授業がありませんでした。
けれども雑誌制作のミーティング(@ホーリーズカフェ)が
終わった後に展示を観に行ったり、
なじみのカフェギャラリーにフリペを補充に行き
資生堂のビューティーカウンターにモデルに行ったりと
比較的に忙しかったです。
次の日は同じく雑誌制作の文字おこしの資料で4時に寝て、
昼まで寝て川端康成の雪国を読んでパソコンを開いたら
一日が終わっていました(笑)。

そして前の記事から今の間のことを報告しますと、
フリペのミーティングやら牛欄牌回收
病院へ術後の傷を診てもらいに行ったりしていました。
湯船に浸かる許可が降りたので喜び勇んで
近頃は入浴剤を入れています(*‘ω‘ *)
チャーリーのソムリエシリーズはおすすめです。

なんだかんだで楽しい毎日が続いております。
久しぶりに行ったなじみのお店のオーナーから
食べ物の展示しない?とお誘いされました!
やっぱり話したりして感じたのは、
やる気があるひとに引っ張られるのは
心地よくて楽しい!(笑)この感じとってもよいです。
フリペのほうもずっと楽しいということはありませんが、
自分を成長させてくれているのはひしひしと感じるし
良い方向に進めている気がします牛欄牌問題奶粉
(にもさんいわく人間力を成長させてくれているそうです)。


報告と日記はこれくらいで。
皆様、よい眠りを。  


Posted by stairhee at 12:36Comments(0)牛欄牌

2013年10月11日

聖書を開

「今日、学校の帰りに同じクラスの外山亜貴ちゃんが急いで走っていて転倒してケガをしたの」
次女の希は母の京子に学校であったことを話していた。
「亜貴ちゃんってさ、ピアノが上手な亜貴ちゃんのこと」
母の京子は学校帰りの希に聞いた夢特嬌女裝T恤
「そうよー、ピアノ上手の亜貴ちゃんよ。その亜貴ちゃんが泣いていたの。足から血がたくさん出てて自分のハンカチで押さえていたのに止まらなくて泣いていたのに、誰もが見て見ぬ振りして通り過ぎたらしいの。私も遅れて学校を出たのでケガをしたのを知らなくてさー泣いている亜貴ちゃんを見て驚いて直ぐに寄って声を掛けたんだ。それからかなー、少しずつ集まってさー、誰かが学校の先生を呼びに行ったの。直ぐに教頭先生が来てね、それから救急車を呼んで亜貴ちゃんと一緒に教頭先生が付き添って病院に行ったの」
「そして亜貴ちゃんどうなったの」
「さっき電話であったでしょう。その話しだったんだ。たいした傷じゃくなくて直ぐに家に帰ってきたと同じクラス男の子から連絡だったのよ」
「でも対した傷でなくて良かったね。でもさー希が行くまで誰も気が付かなかったのかい」
「何人かの生徒が通ったんだけど見ない振りして帰っていたんだよ。その中には同じクラスの男の子も何人かいたんだけど声を掛けただけで塾があるからと言って帰ってしまったんだ。その内の1人は私の斜め前に座っている男の子なの」
「でも亜貴ちゃんも同じクラスなんでしょう。話したことがあるの」
「私は廊下側で亜貴ちゃん窓側なので授業中は余り話さないけど、音楽教室や家庭科教室に移動する時はよく話すのヨ」
「そうだったの、明日は亜貴ちゃんに会えるね。でも男の子に対して亜貴ちゃんはどう思うんだろうね。もしケガをしたのが希なら何て言うかなー」
「そんなの分んないよ。でもねー余り良い気分じゃないよねー」
「でも希なら、その男の子に対してどう言う態度をとるの」
「それも分んないよ」
そう言って希は深く考えずに自分の部屋に行った。

週末の夜遅くに戻った創は、妻の京子から希の話をした。創は希の態度に関心し、明日の土曜日に家庭の夕べをすると言い出し、その連絡を妻の京子からすることになった。
「家庭の夕べは日曜日にするんじゃなかったの」
翌朝、部活で忙しい長男の真は言った。
「何か大事な話しがあるみたい」
バイトが休みの長女の灯にも言った。
「お父さんが今日の夜に家庭の夕べをするから出掛けるなら早く戻って来て欲しいの」
母の京子は朝寝坊した灯に話した。
「今から出掛けるけど、夕飯までに戻るから」
そう言って着替えてから灯は出掛けた。他の3人にも創からの話を伝えた。但し。大地だけは直接聞いていたので「お父さんから、さっき聞いたよ」と言って公園に遊びに行った牛栏奶粉最新事件2013

夕食は何時ものように午後7時から始まった。子供達も6時半までに戻り一緒に食事をした。
「この食事が終わったら大事な話しがあるんだ。後片付けもその後にして欲しいんだ」
父の創は皆の前で話した。
「大事な話っていったい何なの」
三女の恵が聞いた。
「それは後からのお楽しみ」
そう言って食事をしたのちに創は、リビングの本箱にある聖書を持ってきてある聖句を読もうとした。母の京子も片付ける手を止めて創の話す言葉を子供達と一緒になって聞いた。

その時に「僕のも持って来る」と次男の大地が言い出した。する他の子供達も急いで部屋に上がり、それぞれの聖書を持って来た。子供達にはそれぞれモルモン書と聖書が与えられていた。それを日曜日になると各自のバッグに入れて持ち歩いていた。大地にしてみればモルモン書は顔よりも大きく抱えるようにして持ってきた。

「お父さん、何処を開けたらいいの」と最初に持って来たのは三女の恵だった。
「ルカ伝の10章25節から37節まで読むから開いて」と創は恵にいった。
その後、続々と子供達は自分の聖書を持ってきてテーブルの上で開いた。
母の京子も子供達が2階に行っている最中にテーブルの上にある食器や鍋を片付けて流しに置いた。
「お父さん、どこ」と長女の灯が聞いた。
「ルカ伝の10章だって」と恵が父の代わりに答えた。
開いたページには小さい頃からの色鉛筆で引かれた線や、子供の頃に書いた文字が書かれていた。あるページは食べ物の汚れや手垢も一緒に付いていたところもあった。折れ曲げられたり、破れていたページもあり、これは子供達の勉強した跡なのである。
「お父さん、何処」と最後に戻ってきた長男の真が聞いた。
「ルカ伝の10章だって」と隣に座っている灯が言った。
「ルカの10章の何処」と真は再び聞いた。
「25節から37節まで」と今度は次女の希が助け舟を出した牛栏奶粉召回

聖書を開くにも子供達が多いと時間が掛る。しかし誰か1人が知っていると、こんな楽なことはないほど子供達に助けられている。全員が聖書のルカ伝の10章25節を開くと創は声を出して読んだ。創も小さい頃から学んだ方法で、子供達も同じ方法で学んでいる。  


Posted by stairhee at 10:41Comments(0)牛欄牌

2013年08月15日

聖なる夜


お正月のお花といったら
やっぱり縁起物の千両!
日本のお正月には馴染み深いですね


コースに自生している千両を取ってきまして

キャッシャー横で販売しております。

一束200円
立派なものですよ?


売上金は
東日本大震災の義援金として寄付いたします。
今夜はかなり冷え込むそうですので
みなさま体調管理に気を付けて

ステキな聖なる夜をお過ごし下さい゜  


Posted by stairhee at 11:28Comments(0)牛欄牌