2015年11月25日

八重山日報の場合は



僕は前から言っているのだが、政治の場で沖縄にはいつも一つの意見しか存在しない。それが沖縄の民意だとか、総意だとか、オール沖縄とかという言葉でくくって鑽石能量水、それ以外の意見をどこかに粛正してしまう。民主主義はAという意見とという意見があって、多数決の結果、

という意見に決まりましたということなのではないか。しかし、沖縄ではカッコつきの「民意」以外のさまざまな意見はすぐ粛正されてしまう。沖縄の社会には、そういう民主主義的でない空気があるのだ。普天間でも、辺野古でも、八重山でも、現場住民にはひと色ではない意見があるのに、それらは常にないことにされてしまう社会。それは空氣清新機、どこかの独裁国家にも似ている。

 僕が覚えているのは、辺野古区が市長に基地反対派のテントが辺野古区民の生活の安泰を脅かしているので撤去してほしいという要請を出したが、その要望を無視し、反対派を激励したというのだ。それが彼の政治スタイルなら、まあ仕方がないが、市長はその行為で辺野古区をトカゲの尻尾切りにしたということではある鑽石水。もともと久志村がキャンプ・シュワブを誘致し、名護町は併合して経済的恩恵を手にした立場なのだが。  


Posted by stairhee at 17:47Comments(0)

2015年11月24日

嬉しそうに言っ


ハンドルを握る涼太もた。端正なその横顔は、この紅葉の山の中で一層映えている。私、横山美加は27歳の彼は、藤原涼太29歳。私たちは1年前初中數學教學に同じ会社で出会い、交際を続けている。涼太は背も高くイケメンでなおかつ優秀な社員だ。女子社員のあこがれの的だけど、何故が私を気にいってくれて意気投合している。お互いに地方の実家を出て小さなマンションに一人暮らしだ。たまたま読書の趣味が同じで、会えばいつも本の話になる。難しい文学ではなく二人とも大のミステリー好きだ。私はアガサクリスティの作品のフアンだ。

11月に入り、奥多摩の紅葉を見に行かな願景村いかと涼太に誘われた私は早速紺色のの助手席に座った。山は全山燃えるような紅葉だった真っ青な晩秋の空に赤や黄色の色が映えている。「新緑の頃もいいけど、この季節は僕は一番好きなんだ」そうね、私も」

峠のおしゃれな喫茶店で私たち物理補習は向かい合って熱いコーヒーを飲んでいる。良かったら、来週にでも僕の両親に紹介したいけどどうかな?」えっ!!いに彼は私との結婚を考えてくれたんだ。最近私たちは結婚を意識するようになっていた。結婚するなら彼しかいないと私は思っていた。きみのご家族にも挨拶に行かなければ」イケメンの涼太は見れば見るほど素敵だ。こんな素敵な人と結婚できると思うと私はわくわくする。帰りに渡したいものがあるから君のマンションによってもいいかな?」


  


Posted by stairhee at 16:45Comments(0)

2015年11月19日

トにしました

先月だったか、80歳の父醫學美容に誘われて、夫婦で一緒に京都で開かれた石のふしぎ博覧会」に行ったときのこと。午後遅めの時間までたちっぱなしであちこちの出店を見て石のアクセサリなどを買いつつ(父はヨメにいくつも買ってくれました。ありがとうございました)、昼ごはんがまだだっので近くの店に
行こうかという話に。

ここで、意外にも(?)ヨメの発案で、来る道頭髮變幼すがらにあった京都ラーメンお店に入ってみることに。「珍遊」という一乗寺に本店があるお店だそうです。私はラーメンの麺中盛、ヨメはラーメンの並に、3人なので分け分けしようということで、プラスチャーハンのセッ。こんな感じ、典型的な京都ラーメンのビジュアルですね。チャーハンも、結構盛りがいい。かいがいしくよそって、良き嫁をアピールしていますで、われわれのオーダーはそんな感じだったのですが、 80歳父は何を頼んだかというとチャーシューメンでした。

おそれいりました。いや、実にすば對沖值らしいなんか肉が食べたかったそうほどよい固さに茹で上げられた麺。上手です。これに、京都ラーメン特有のこってり加減のスープがからまります。実は私は京都ラーメンはそんなに好きじゃないのですが、この麺あげの上手さで食べさせてくれましたね。

食べながら、父親に「京都ラーメンとはなんぞや」という解説をぶつ。父は京都ラーメンを、ひと昔前にチェーン店などでやってた薄味のいわゆる「京風ラーメン」だと思っていたらしく、その相違を話してました。まーふつうそんなコト知りませんよね・・・)ヤキメシも、パラパラになっていて、そこそこ良い味です。京都ラーメンは好きじゃないとか言っておきながら、結局完食完飲

父も、麺ほぼ全部と、チャーシューもかなり(2、3枚私がもらいましたが)食べきってました。大したものです。(以前に、72歳の母は和歌山ラーメンを完食完飲してるし→こちらのブログ記事参照 2人ともめっちゃ食パワーありますな・・・)まあ、人間しっかり食べることが一番幸せです(笑)
このあとは、京都駅でお漬け物を買って帰りました。楽しい時間になりました。父にお礼を言わないといけませんね。
ありがとうございました。


  


Posted by stairhee at 15:35Comments(0)

2015年11月16日

その笑いは谷にこだま

風が雪を踊る時以降、私は特に、エレガントな雪の結晶が好き子供の頃から、私は雪を見るために凍結した川に来ます。それはドリアンの積雪あったが、川の鏡のような滑らかなので、神聖で、私や、スノースケートで一緒に小さなパートナー、インドの雪だるまの上に横たわって、氷が枝から垂れ下がっ行い、雪のガチョウの羽私たちは笑いで満たされています。

特に雪の梅のように、育ちます。 「奇美コーナー数、単独でリンハンオープン。アウェイ微妙な香りがあるので、雪ではありません。「冬の雪、寒さ、唯一の梅満開!春の美しさを与えます!梅咲く、白の原因は、関係なく、梅の種類は、エキゾチックな香りを醸し出していません。 「外の空」「それは笑って離れたときに花が咲いているまで。 "

素晴らしいおとぎの国の前で実証マーリンに雪すべての今して、巨大な関心、。雪かすんカーテン、しかし梅树婉Qiaoli、ZE韻にこのような詩のようなサクラ属の風、そして画家のブラシインクダン、米国株の場合、素晴らしいです。梅開花、開花枝、芳香な香り。そこしなやかブルーム、名前、ラウンド、クラスター、カラフルな素晴らしさ、李カイストリーマの恥ずかしがり屋の芽。彼らの優雅な魅力、そして横に雪側を旋回、なだめるような、自然の王国で遊んで、優雅な動きであり、琵琶と飛んで雪の韻のハープの組み合わせの場合。 「ペン詩人のコート代アセスメント章白さのために梅の雪が、雪の梅の香りをドロップする梅極的。」古くから、壮大なプラム妻に直面して、文字消えないインクの多くの男性があります、びっくり!  


Posted by stairhee at 13:16Comments(0)

2015年11月12日

今日の仙台は

連休のあいだ能量水と打って変わって、「降ったりやんだり」だそうですよ。

お日さま、ここらでちょ能量水っとひと休みって感じでしょうか。さて。 今日はちょっとまじめに作りました。「ドン! 豚しょうが焼き丼」豚しょうが焼き、切り干し大根煮、卵焼き、アスパラガス、プチトマト、ぶどう、豚のしょうが焼きはドン!とごはんに乗っけました。 うふふ、おいしいと思うよ~>夫

卵焼きは、卵1個で能量水焼きました。切り干し大根は、ゆうべのおかずのあたため直し。そしてぶんすけ。珍しく顔を洗っております。べろべろ、でろ~んかしかし、かしかし猫が顔を洗うと雨って言います? たしかに仙台、雨であります。いつもありがとうございます。今日もよろしくお願いします。

  


Posted by stairhee at 18:35Comments(0)

2015年11月04日

交感神経の理解

素晴らしい時代蕭紅に裏庭、魯迅で能量水祖父がちょうど2つの暖かさを保持している点、の前庭に蕭紅を与え、それは間違いなく最も貴重な盛ヒットですが、また蕭紅の運命に苦しみます力の源泉。

間違いなく、蕭紅は、人が絶妙能量水に刻まれた場合、フィールド新鮮な花の花のように、魯迅はのものと軽蔑だろう、純粋です。残念ながら、いじめ燃える小さな花、魯迅の助けと無私の愛は、蕭紅無限の励ましと勇気を与え、そのような取引所、氏ダスト泥劣等により低、高されていない贈りするものではありません。そのような誠実な高齢者の顔に、彼女は率直に心を明らかにすることができ、さらに多くの場合、家の外に、赤ん坊のように、子供のように戻って話しています。

思想家魯迅は、彼の作品能量水に残って、それがです。普通の人は蕭紅魯迅記念散文、肉付け老人の声や表情のような国に残されています。蕭紅魯迅の背面にある肖像画のように、インク打点があり、静かにいくつかのかすかなスケッチペンを残して、落ち着い覆われている人間ではなく、急な平野や貴族など魯迅の完全な非常に人間的な方法で、。神はその神はまた、魯迅を好むように彼女は、魯迅を満たし、蕭紅を支持するのではなく、蕭紅は、人間の栄光のリリースの前に彼を聞かせて、さもないと私たちは偉大な一日を参照し、それらのを完了しません。

  


Posted by stairhee at 17:45Comments(0)