2016年04月21日

と思っていたのですが

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで熱している時の、あのワクワク感はなんなんだろうか。 僕とペペロンチーノっていったい・・・。

きっかけは、去年の4月、急に引越しをしなければいけなくて、食費を抑えなければならなかったからだ。ペペロンチーノの材料費は、べらぼうに安い。 ちょっと大きなスーパーに行けば、「ママ・スパゲッティー」は、400グラム150円くらいで売っている。120グラムぐらい使えば結構な量なので、あとは唐辛子とニンニクだけだ。全部合わせても一食にかかるのは170円くらいだろうか。 しかもおいしい。 飽きない。 そのシンプルさが逆に飽きない理由なのだろう。 もしかしたら前世がイタリア人だったのかもしれないが。


ペペロンチーノの味の決め手は、麺の茹で加減と、塩の量、唐辛子の辛さ具合だ。 どれも大事だが、実は塩加減が一番難しい。 これが僕が10ヶ月作りつづけて学んだことだ。 塩の量で、麺自体の味、小麦粉の甘さが引き立つかどうかが決まってくる。 コーヒーの味が、淹れる時のお湯の温度や時間で毎回変わるように、ペペロンチーノの味も毎回違ってくるのである。

ガラスを拭いていたら、天井の低い部分に激しく頭をぶつけてしまいました。 右のこめかみの上を。 昨日は電柱にぶつかったし、集中力散漫ですね。 どうやら原因はそれだけではないようです。 それは僕の前髪が長すぎるのが主な原因のようです。 下を向いていると髪が目にかかってしまうので、視界がすごく狭いのですね。

問題は一つ。 僕が自分で作った以外のペペロンチーノを、食べたことが無いことだろうか。 でもおいしいんだからしょうがない。 中毒なんだからしょうがない。。。  


Posted by stairhee at 11:54Comments(0)

2016年04月13日

人が通る二列分の道

注意しないとミミズを踏み潰さないこと無しには歩けないのだ。 恐ろしいことに、僕は病院のバイトの帰り道いつもこの坂を通るのだが、その坂を通起維數學教室るときはいつも夜だったので、雨の日にミミズが大量発生していることに気づくまで引っ越してから半年かかった。 


きっとそれまでに何十匹ものミミズを踏み潰していたのだろう。南無。

今朝はこの坂を通って仕事に向かった。天気は快晴で、ミミズの心配はない。 急ぎ足で人々が僕を追い越し、通り過ぎていく。 頭の上に、神社のイチョウの木とクスノキの枝が張り出している。 

歩道には、たくさんの黄色い落ち葉が、を残して積もっている。 静かな朝の空気を、落ち葉が踏まれた時の「シャク、シャクッ」という音が満たす。手にとって確かめられるほど、秋の存在が感じられる。僕は大きく息を吸い込み、澄んだ淡い空の青を眺め、イチョウの木を眺め、落ち葉を踏み潰して歩く。そして周囲の人々の顔を眺めDream beauty pro 脫毛る。 

あまりに日常的な表情をした人々を見て、僕は少し悲しくなる。 彼らは毎日この道を通って会社や学校に向かう華欣自由行のだ。  


Posted by stairhee at 10:39Comments(0)

2016年03月31日

国の閣議決定によって

私も、応援傍聴で、予算委員会の中で質問を聞きました。
自分も質問に立たないといけないと思うと、なんだか、とても緊張しながら、やりとりを聞きました。
やはり、事実に基づく、現場の声を国会に届ける!とよく言いますが、その通りだと探索四十痛感しました。

その後、URにお住いの方々の自治会協議会のみなさんと懇談。


千葉県も、UR団地がたくさんある地域です。

この間、「URは、もっと収益をあげろ」と、統廃合や家賃の値上げなど、様々なことが問題になっ翻譯ていること。
高齢化が進んだもとで、自治会などが取り組んでいる見回りを、企業の儲け口にしようと狙われている問題など、さまざまなことご話題にのぼりました。

今後、千葉県内の状況も聞き取りを行わなければと、問題意識が深まりました。
今日最後は、18:30~本会議が招集され、補正予算が採択されました。
日本共産党は、宮本岳志議員が、反対討論に澳門套票立ちました。  


Posted by stairhee at 13:03Comments(0)

2016年03月24日

ても過言ではない

こうした規制改革会議の動きに、世界最大のNGO組織、国際協同組合同盟(ICA)が声明を出しています。その中身は、「日本の農協改革の動きに懸念を表明」し、協同組合の原則である自主的で開かれた組織(第1原則)・自主自立(第4原則)・地域社会への貢献(第7原則)を侵害すると非難するものです。これは前代未聞の事態で 願景村した。


 2012年の「世界協同組合年」に、国連が農協の発展を促進するよう各国政府に働きかけたばかりです。なのになぜ、こんなことになってしまったのでしょう。

 規制改革会議の提言には准組合員の事業利用を正組合員の2分の1以下にする案もありました。准組合員とは、農業者以外の組合員のこと。全国では5割、北海道では8割が准組合員で、金融機関、ガソリンスタンド、スーパーなど地域インフラを農協が支えて願景村います。

 農協が地域で事業活動するうえで准組合員制度は生命線です。政府はこれを逆手に取り、准組合員制度の撤廃をちらつかせて今回の農協改革案を全中に飲ませたので實德はないか。  


Posted by stairhee at 10:18Comments(0)

2016年02月17日

いわゆる几帳面

なんでも整っていないと気の済まない男が居たりする。
たとえば、畳の部屋にコタツを置くと、
その掛け布団が畳の線に沿ってまっ直ぐになっていないと落ち着かない。
また、道を歩いていても、
お稲荷さんの幟 (のぼり) なんかが斜めに倒れかかっているのも
気になって仕方廣州長隆がない。
そこでこの男、お稲荷さんに断りなく
幟を一本一本まっすぐに立てかけるという始末。


曲がったものが大嫌い。
嫌いだと言っても
世の中に溢れるほど曲がったものが氾濫している。
それをいちいち気にすると、イライラはおさまらない。

アートの世界もその一つ、
芸術的に曲げている生け花なんかを見ていても
イライラする。よその家に行ってそんなのがあると、
まっ直ぐに 活け肌膚彈性なおすというから始末におえない。

そんな男が夢を見た。
この男が見た夢は、何のことはない、
毎日過ごしている自分の部屋そのものが出て来る夢。

だけども、いつもと様子が違う。
誰がどうしたのか、あちこち本が散乱していたり、
布団がひっくり返っている。
おまけに、どこから入ってきたのか、
泥までついて搬屋いる。

そんな男だから、「何てこったい!」
と思いつつも、キレイに片付けなきゃ気が済まない。
夢の中で一心に掃除をし始める。
汗をかきながら、片付けていたが、
あともう少しというところで目が覚めた。

ふと、ベッドの上に寝ていることに気づいた。
見渡すと自分の部屋。
いつものように、きれいに片付いている。

な~んだ、夢だったのかと思うが、
乱雑だった部屋が妙に生々しく思い浮かんでくる。
「たとえ夢でも、あの乱雑さは許せない、、」

この男には、あの夢の中の乱雑さが気に食わない。
記憶の中で、あの光景がチラチラ蘇ってくるのもイヤ。
さっき見た夢に中に入って、
残りをきれいに片付けなきゃ、この思いはおさまらない。
「夢の中に戻してくれ~っ!」
  


Posted by stairhee at 11:46Comments(0)

2016年01月28日

というのが話題


従来の成績による試験やスポーツ推薦ではなく、どんな分野に限らず、
何か一つ秀(ひい)でたものを持っている学生を積極的に取り込んで行こうという入試。
その入試で「けん玉日本一」の学生が話題を呼んだりもした。
今は、一芸入試という呼び方をする大学はないが、
AO入試などと呼称を変え、多角入学が行女士脫髮なわれている。
だけども、そんな入試形態を行なうことによって、吉凶の出方を変える場合がある。

たとえば、ある人気の芸能人が入ったが、出席すらも怠けがちで、
勉学にも熱心でなかったことから、いっぺんに評判を落とした大学もある。
逆に、芸能人が入ることによって人気を上げたとおぼしき大学もある。
その匙(さじ)加減の難しさPretty renew 旺角がある。
AO 入試などの取り組みは、評価すべきと思う。
一芸に秀でることは、すべての「道」に通じるところがある。

ここで、歴史的な大御所を出すのは、烏滸(おこ)がましいが、
『能(猿楽)』の大成者・世阿弥は、
一芸に秀でたことにより、すべてに通じた人物とも言うことができるだろう。

五十近い謡曲などの作品を残し、ほとんどが現在も上演されている。
それに加え、父の遺訓や自らの芸術論などの、
いわゆる『世阿弥十六部集』として知られる「伝書」などを残している。
それを見ると、芸術論というより、人生訓のような感じがする。
こんな人物ならば、一芸入試も納得と言ったところだろう。

彼の著した『花鏡』は、彼が、老年になった時に記したもの。
その中の中藥脫髮一節に、
『惣じて、目ききばかりにて、能を知らぬ人もあり』という一文がある。
これをわかりやすく表現すると、
「能をあれやこれやと自分の眼が正しいと言わんばかりに
評論する人もいるが、そんな人も実際のところ能を知っていないものだ」
という言葉を残している。
手厳しいが、結構言い得ている。
この言葉、何にでも通じるところがある。
能にしろ、スポーツにしろ、
楽しめばいいものを、評論に明け暮れている人が居たりする。

今から、WC 予選のサッカーの試合が始まる。
世阿弥にあやかり、何やかや評論せず、大いに楽しむとしよう。  


Posted by stairhee at 10:40Comments(0)

2015年12月29日

最初に思った事は

いやー今日も国技館に座布団が舞いましたね。どうした白鵬?
左膝に違和感を訴えている様ですが、もし休場となると横綱となって初の事で、連続出場記録が途絶えてしまい願景村 退款ます。
今場所は部屋の移転に伴い、自身の部屋での稽古は一切出来ず出稽古のみ。そして場所前には部屋付きの親方1名が、運転手への暴行で逮捕されました。
普段の様子とは明らかに違う白鵬。少し心配です。

さて何気なく今日(9月14日)のニュースを見ていると、千葉県松戸市で紀州犬(体長1m20cm体重21kg)が飼い主の所から逃げ出し、通行人の男性に噛み付いたとの事。その後も女性に噛み付いたと通報があり警察の出動となりました。飼い主と警察官が犬を見つけ取り押さえようとした所飼い主にも噛み付きました。
そして警察官に向かって来たその犬を、3人の警察官が合計13発発砲し犬を射殺したそうです。
現場を見てないので分かりませんが、松戸署の発表で適正な拳銃の使用だったと言うので、過剰防衛ではなかったのでしょう。つまり止めを刺すのに13発要願景村 退費したという事ですね。

最初に思った事は「犬つえー」でした。
いや軽症とはいえ怪我人が出ているので、少々不謹慎でありますね。すみません。
ですがやはり犬は動物、いくら飼いならされていると言っても絶対はありません。たまにノーリードで飼い犬を散歩させている飼い主の方を見かけますが、もしかしたら自分の犬が人に噛み付き、射殺されてしまうかもしれないという覚悟を持たないといけない事を、今回の件は示唆しています。

しかし、よくよく考えてみると犬も大人しくしていた訳はなく、13発全弾命中したとは考え難い。と言う事は流れ弾が住宅街を飛び交った可能性が高いです。
いつから日本はそんな危ない国になってしまったのでしょう。適正な拳銃の使用って難しいですね。

因みに自衛隊は訓練以外で実弾を発射した事は一度もありません。海外派兵されてもそれは総て人道支援・後方支援の為で、時にはオランダ軍に守られながら、現地人に感謝される活動を行ってきました。私はそれを日本の誇りだと思願景村 退款ってます。
「何言ってるんだ。北朝鮮の不審船を銃撃して撃沈させたじゃないか」と思われた方、あれを行ったのは海上保安庁です。しかも法律に基づいて厳密な手続きを経た上で撃沈させました。違法性は一切ありません。

犬を射殺するにも法律に基づいた厳密な規定があると思いますが、出来れば犬ごときに発砲される事のない社会を望みます。
(注.1)今日の写真は紀州犬で画像検索して出てきた写真を拝借しました。事件の犬とは何の関係もありません。

さて次にどうしても触れざるを得ない時事問題をば。
少し遅くなりましたが、北関東・東北地方における台風による記録的大雨の為の堤防決壊、浸水被害です。
家を流されたり、倒壊したり、一部浸水したりと、避難所生活を余儀なくされた方が多く出ました。また自衛隊や消防隊に救助されるまで、厳しい環境で不安な一夜を過ごされた方の精神的負担。更には未だ行方不明の方に無念にも亡くなられた方を出しました。お見舞い申し上げます。
NHKでは様々な情報が提供されてますが、その中で私が引っ掛った情報が1つあります。それは『空き巣被害』の情報です。なぜこの様な火事場泥棒の様な事が起きるのでしょう。人間の性とは言え悲しい限りです。
東日本大震災の時には冷静な規律ある被災者の姿が頻繁に報道されていました。流された金庫が多く警察に届けられました。しかし報道されない裏では、多くの盗難被害も起きてました。しかもそれは被災地以外からわざわざ足を運んだ窃盗団が多かったと聞きます。
阪神淡路大震災の際、今分裂騒動に揺れている『山口組』は任侠道を見せて、自らも被災者にも関わらず、積極的に炊き出し等を行いました。東日本大震災でも多くの支援物資を抱え、山口組・住吉会・稲川会はその身分を隠しながら被災地に入りました。勿論放射能汚染地域にもです。

人が困難に直面している時自分は何が出来るのか、そこに自分のそれまでの生き様が現れると思います。
(注.2)本来日本語に『生き様』という言葉はありません。『死に様』という言葉の反意語として後から作られた言葉です。

最後にどうでもいい話。
コンビニで現在販売されている『厳選TOPPO抹茶味・プラリネ味』。金額の割りに余り美味しくありませんでした。
特に抹茶味の箱に書かれている「すっきりゆずの後味」など一切しません。私が馬鹿舌なのかもしれませんが、正直期待外れでした。  


Posted by stairhee at 17:04Comments(0)

2015年11月25日

八重山日報の場合は



僕は前から言っているのだが、政治の場で沖縄にはいつも一つの意見しか存在しない。それが沖縄の民意だとか、総意だとか、オール沖縄とかという言葉でくくって鑽石能量水、それ以外の意見をどこかに粛正してしまう。民主主義はAという意見とという意見があって、多数決の結果、

という意見に決まりましたということなのではないか。しかし、沖縄ではカッコつきの「民意」以外のさまざまな意見はすぐ粛正されてしまう。沖縄の社会には、そういう民主主義的でない空気があるのだ。普天間でも、辺野古でも、八重山でも、現場住民にはひと色ではない意見があるのに、それらは常にないことにされてしまう社会。それは空氣清新機、どこかの独裁国家にも似ている。

 僕が覚えているのは、辺野古区が市長に基地反対派のテントが辺野古区民の生活の安泰を脅かしているので撤去してほしいという要請を出したが、その要望を無視し、反対派を激励したというのだ。それが彼の政治スタイルなら、まあ仕方がないが、市長はその行為で辺野古区をトカゲの尻尾切りにしたということではある鑽石水。もともと久志村がキャンプ・シュワブを誘致し、名護町は併合して経済的恩恵を手にした立場なのだが。  


Posted by stairhee at 17:47Comments(0)

2015年11月24日

嬉しそうに言っ


ハンドルを握る涼太もた。端正なその横顔は、この紅葉の山の中で一層映えている。私、横山美加は27歳の彼は、藤原涼太29歳。私たちは1年前初中數學教學に同じ会社で出会い、交際を続けている。涼太は背も高くイケメンでなおかつ優秀な社員だ。女子社員のあこがれの的だけど、何故が私を気にいってくれて意気投合している。お互いに地方の実家を出て小さなマンションに一人暮らしだ。たまたま読書の趣味が同じで、会えばいつも本の話になる。難しい文学ではなく二人とも大のミステリー好きだ。私はアガサクリスティの作品のフアンだ。

11月に入り、奥多摩の紅葉を見に行かな願景村いかと涼太に誘われた私は早速紺色のの助手席に座った。山は全山燃えるような紅葉だった真っ青な晩秋の空に赤や黄色の色が映えている。「新緑の頃もいいけど、この季節は僕は一番好きなんだ」そうね、私も」

峠のおしゃれな喫茶店で私たち物理補習は向かい合って熱いコーヒーを飲んでいる。良かったら、来週にでも僕の両親に紹介したいけどどうかな?」えっ!!いに彼は私との結婚を考えてくれたんだ。最近私たちは結婚を意識するようになっていた。結婚するなら彼しかいないと私は思っていた。きみのご家族にも挨拶に行かなければ」イケメンの涼太は見れば見るほど素敵だ。こんな素敵な人と結婚できると思うと私はわくわくする。帰りに渡したいものがあるから君のマンションによってもいいかな?」


  


Posted by stairhee at 16:45Comments(0)

2015年11月19日

トにしました

先月だったか、80歳の父醫學美容に誘われて、夫婦で一緒に京都で開かれた石のふしぎ博覧会」に行ったときのこと。午後遅めの時間までたちっぱなしであちこちの出店を見て石のアクセサリなどを買いつつ(父はヨメにいくつも買ってくれました。ありがとうございました)、昼ごはんがまだだっので近くの店に
行こうかという話に。

ここで、意外にも(?)ヨメの発案で、来る道頭髮變幼すがらにあった京都ラーメンお店に入ってみることに。「珍遊」という一乗寺に本店があるお店だそうです。私はラーメンの麺中盛、ヨメはラーメンの並に、3人なので分け分けしようということで、プラスチャーハンのセッ。こんな感じ、典型的な京都ラーメンのビジュアルですね。チャーハンも、結構盛りがいい。かいがいしくよそって、良き嫁をアピールしていますで、われわれのオーダーはそんな感じだったのですが、 80歳父は何を頼んだかというとチャーシューメンでした。

おそれいりました。いや、実にすば對沖值らしいなんか肉が食べたかったそうほどよい固さに茹で上げられた麺。上手です。これに、京都ラーメン特有のこってり加減のスープがからまります。実は私は京都ラーメンはそんなに好きじゃないのですが、この麺あげの上手さで食べさせてくれましたね。

食べながら、父親に「京都ラーメンとはなんぞや」という解説をぶつ。父は京都ラーメンを、ひと昔前にチェーン店などでやってた薄味のいわゆる「京風ラーメン」だと思っていたらしく、その相違を話してました。まーふつうそんなコト知りませんよね・・・)ヤキメシも、パラパラになっていて、そこそこ良い味です。京都ラーメンは好きじゃないとか言っておきながら、結局完食完飲

父も、麺ほぼ全部と、チャーシューもかなり(2、3枚私がもらいましたが)食べきってました。大したものです。(以前に、72歳の母は和歌山ラーメンを完食完飲してるし→こちらのブログ記事参照 2人ともめっちゃ食パワーありますな・・・)まあ、人間しっかり食べることが一番幸せです(笑)
このあとは、京都駅でお漬け物を買って帰りました。楽しい時間になりました。父にお礼を言わないといけませんね。
ありがとうございました。


  


Posted by stairhee at 15:35Comments(0)

2015年11月16日

その笑いは谷にこだま

風が雪を踊る時以降、私は特に、エレガントな雪の結晶が好き子供の頃から、私は雪を見るために凍結した川に来ます。それはドリアンの積雪あったが、川の鏡のような滑らかなので、神聖で、私や、スノースケートで一緒に小さなパートナー、インドの雪だるまの上に横たわって、氷が枝から垂れ下がっ行い、雪のガチョウの羽私たちは笑いで満たされています。

特に雪の梅のように、育ちます。 「奇美コーナー数、単独でリンハンオープン。アウェイ微妙な香りがあるので、雪ではありません。「冬の雪、寒さ、唯一の梅満開!春の美しさを与えます!梅咲く、白の原因は、関係なく、梅の種類は、エキゾチックな香りを醸し出していません。 「外の空」「それは笑って離れたときに花が咲いているまで。 "

素晴らしいおとぎの国の前で実証マーリンに雪すべての今して、巨大な関心、。雪かすんカーテン、しかし梅树婉Qiaoli、ZE韻にこのような詩のようなサクラ属の風、そして画家のブラシインクダン、米国株の場合、素晴らしいです。梅開花、開花枝、芳香な香り。そこしなやかブルーム、名前、ラウンド、クラスター、カラフルな素晴らしさ、李カイストリーマの恥ずかしがり屋の芽。彼らの優雅な魅力、そして横に雪側を旋回、なだめるような、自然の王国で遊んで、優雅な動きであり、琵琶と飛んで雪の韻のハープの組み合わせの場合。 「ペン詩人のコート代アセスメント章白さのために梅の雪が、雪の梅の香りをドロップする梅極的。」古くから、壮大なプラム妻に直面して、文字消えないインクの多くの男性があります、びっくり!  


Posted by stairhee at 13:16Comments(0)

2015年11月12日

今日の仙台は

連休のあいだ能量水と打って変わって、「降ったりやんだり」だそうですよ。

お日さま、ここらでちょ能量水っとひと休みって感じでしょうか。さて。 今日はちょっとまじめに作りました。「ドン! 豚しょうが焼き丼」豚しょうが焼き、切り干し大根煮、卵焼き、アスパラガス、プチトマト、ぶどう、豚のしょうが焼きはドン!とごはんに乗っけました。 うふふ、おいしいと思うよ~>夫

卵焼きは、卵1個で能量水焼きました。切り干し大根は、ゆうべのおかずのあたため直し。そしてぶんすけ。珍しく顔を洗っております。べろべろ、でろ~んかしかし、かしかし猫が顔を洗うと雨って言います? たしかに仙台、雨であります。いつもありがとうございます。今日もよろしくお願いします。

  


Posted by stairhee at 18:35Comments(0)

2015年11月04日

交感神経の理解

素晴らしい時代蕭紅に裏庭、魯迅で能量水祖父がちょうど2つの暖かさを保持している点、の前庭に蕭紅を与え、それは間違いなく最も貴重な盛ヒットですが、また蕭紅の運命に苦しみます力の源泉。

間違いなく、蕭紅は、人が絶妙能量水に刻まれた場合、フィールド新鮮な花の花のように、魯迅はのものと軽蔑だろう、純粋です。残念ながら、いじめ燃える小さな花、魯迅の助けと無私の愛は、蕭紅無限の励ましと勇気を与え、そのような取引所、氏ダスト泥劣等により低、高されていない贈りするものではありません。そのような誠実な高齢者の顔に、彼女は率直に心を明らかにすることができ、さらに多くの場合、家の外に、赤ん坊のように、子供のように戻って話しています。

思想家魯迅は、彼の作品能量水に残って、それがです。普通の人は蕭紅魯迅記念散文、肉付け老人の声や表情のような国に残されています。蕭紅魯迅の背面にある肖像画のように、インク打点があり、静かにいくつかのかすかなスケッチペンを残して、落ち着い覆われている人間ではなく、急な平野や貴族など魯迅の完全な非常に人間的な方法で、。神はその神はまた、魯迅を好むように彼女は、魯迅を満たし、蕭紅を支持するのではなく、蕭紅は、人間の栄光のリリースの前に彼を聞かせて、さもないと私たちは偉大な一日を参照し、それらのを完了しません。

  


Posted by stairhee at 17:45Comments(0)

2015年09月29日

怎麼過著自己想要的生活

這一切若非不是為了得到所應有的物質或許說是錢,哪誰又想甘願被別人所指示,所屈辱呢!在這一切的條件下若非能受得了這般的委屈,還有些什麼又能促使自己放棄呢!想來這一切的來源都是生活所迫,誰不想安安靜靜的在家裏享受生活呢!在被別人所制止下的心裏都是懵懂的,即使能銅鑼灣髮型屋堅持下去或許能得到很多經驗,也或許心裏難免會受到打擊,人都是在困難的環境中成長,而很多時候困難的環境會使人都變壞,變的很陌生,都不認識了,這樣的生活日復一日的活著,這樣的人生和沒有生存過是一樣的道理。

殘 花凋零,人老病死,為的是一時的綻放,一時的鮮豔,人的一生為的是心裏的想要的而堅持下去,當需要回頭時請放下你曾經努力過的,這樣你的包袱會丟下,或許 你會換另外一種生活方式,我常常在想,這人的生命是註定的嗎?當你努力時你會有成就,當你墮落時你會感覺到無助,看著這一切的冷眼,我只能默默的想,都是 人的命運罷了,何嘗的富貴,何嘗的貧窮,都是人的自尊心在作怪罷了,能有口吃的生存下去已經夠好了,何必去奢求些什麼呢!然而都會感覺到可 憐,可憐這一生沒有好好活著,而活的那麼悲憫,活的那麼痛苦,雖然可以接觸到雲端,但都是浮雲,也只是自尊心在作怪罷了,一個善良的人在社會上呆久了都會 看著錢而使自己不在為了自己而活著,都是為了自己的自尊心而活著,都學會了攀比,學會了高傲,這心裏都會慢慢的變的自己都不認識,其實說起來也是很實際 的,看著很多人住著豪房,開著跑車,但自己依然留在原位,這一切的逼迫都會使心裏會去奮鬥,那麼為了錢而奮鬥,當擁有了金錢和物質後,可能歲月都帶走了青 春。

留下的只是錢,只是遺憾,並沒有好好享受生活,大師也好,文人也好,除了想給自己寫些東西的人都是在想著有朝一日也有一定的地位和權 力,這樣的文人大師寫出的東西和說出來的話語都也只是敷衍罷了,又怎能稱是佳作呢!想想古代李白杜甫等詩人都是為了鄭州旅行團追求文學,而不曾想到利益,這樣的環境 會給人帶來靈感,而創作出好的作品。如今而已,寫小說的,寫文章的,做什麼的都是為了錢,為了獎,為了名,都把原有的文學慢慢腐蝕了,又怎 能是發自內心寫作呢!然而這一切的根源都是社會的生存而導致人必須要有錢才能生存,所以沒有誰不是為了錢而活下去,又因這些的心態導致你身邊的黑暗一步步 逼近自己,或許有些人會這樣想到,若是不為了錢,又怎麼過著自己想要的生活。其實你捫心自問,當你有了錢,會是你想要的生活嗎?到那時並不 是想回頭就能回頭的,說了太多都只是一種世態,並不能做些什麼來改變,因為什麼都可以改變唯獨心裏不能改變,當你身邊碰到讓你覺得是逼迫自己的事,或是身 邊朋友有很多形態,或是說你怎麼怎麼的,或是在排擠你,或是在利用你,你會覺得這是正確常態,只能默默的念,倚樓聽風雨,冷眼看世人,當沒有這些事發生的 時候就按照自己想做的去做,想怎麼活就怎麼活,不要約束自己去做自己不願意做的事情,這樣即使得到了,你也會不開心的。

當然你可以用這些話 說別人,但別人也可以用這些話來說你,難免你也會控制不住自己的心魔而做些讓自己都不知道的事情,心態調整到最好,心理做ips 韩國 整容到最靜,身體做到最潔,這樣的活 著才是有意義的,因為很多人活到幾十歲了,都不知道為了什麼而活著,活著是為了什麼,什麼樣的活著才開心,做什麼樣時候才會感覺到開心,別人用冷眼看待自 己時你會感覺到這是人的常態,當自己受到痛苦時,你會感覺到這是生存的需要,可以放下也可以拿起,沖到頂端,這樣的生活雖然累,但必須是你想要的,如果是 別人促使你這樣做的,那這樣就沒有必要去這樣活著,人生短暫,每一秒都是逝去,所以珍惜這一切。

  


Posted by stairhee at 17:57Comments(0)情感類

2015年09月25日

紅紅的桂花開滿枝頭

懷念一棵樹。准確的說是懷念家鄉的那棵願景村 退款大桂花樹。

大桂花樹長在垸前的大路邊。聽老人們講,桂花樹是上上個世紀中葉垸裏的老人們栽下的,距今有一百六七十年了。從上個世紀七十年代我兒時記事起,樹幹就有兩人合抱粗,樹冠直徑足有四五十米,粗大的樹枝一邊遮護著進村的大路,一邊伸向垸前的大水塘。由於有了這棵桂花樹,人們常喜歡在樹下駐足,久之,樹下漸漸形成了一塊平地,成了垸裏人集散的天然場所。百餘年來,每到八月,垸前垸後,方園裏把路都充滿了濃鬱的桂花香來。惹得十裏八鄉的人們前來欣賞。大桂花樹也早就A霸數學教室成了我們垸裏的地名詞。鄉親們凡外出走親訪友,上鎮趕集,只要一遇到人們問及來,都自豪地說:我們是大桂花樹的。

在我的記憶裏,家鄉的大桂花樹是一棵歡樂樹。單不說兒時與小夥伴們一起上樹掏鳥窩,更有夏天裏,我們小夥伴都一一爬上樹杆,從七八米高的樹枝上往下面水塘裏跳,嚇得老人們大呼小叫,我們則從驚叫裏尋到了兒時特有的快樂!當然,最最快樂的還要是每年老曆八月底或是九月初收獲桂花的日子,那天,垸裏的男女老少都齊集到大桂花樹下,人們都張羅著打桂花。只見垸裏的三兩個年輕小夥拿著短竹杆爬上樹去,婦女們則拉起尼龍布,搬出曬篚、竹墊等在樹底下排開來。垸裏的小隊幹部、老人則在一邊條橙上坐著,男人三五成群一起吸著汗煙,婦女都站在樹邊,有的抱著小孩,有的則納著鞋底。當然,這個時候最快樂、最頑皮的還數我們這些孩子們。我們不停地在人群裏沖進鑽出,不時招來大人的責罵。即便如此,從張羅著打桂花到桂花收拾完畢,我們這幫孩子們沒有一刻消停過。待一切布置就緒,隨著樹上小夥的杆起杆落,紅色的桂花就象是一陣陣紅雨,帶著芬香,飄落在鄉親們喜慶的心田裏。不幾天,垸裏家家戶戶都飄逸出桂花茶香來。

在我的記憶裏,大桂花樹是一棵集結樹。大集體時,鄉民們幹農活休息時,都圍坐在大桂花樹下拉家長,盤算一年收成。小隊長則不時的在大桂花樹下開個幹部會或Neo skin lab 傳銷群眾會。年終小隊分魚、分肉、分豆果等計劃物品,小隊幹部總是在大桂花樹上掛上一個大汽油燈,家家戶戶來分紅。更有每年夏天,一到夜晚,家家戶戶都搬出自家的竹床、涼席到大桂花樹下乘涼,老人們年複一年地在樹下重複著牛郎織女的故事;孩子們則在大人們的老巴扇下,望著銀河星進入夢鄉。凡是垸裏那家有個紅白喜事,只要是掌頭的站在大桂花樹下吆喝一聲:大桂花樹下呀。垸裏的男女都會迅速集到樹下,聽掌事的人吩咐,男人那幾個抬嫁妝,那幾個打鑼鼓;婦女那幾個燒火辦菜做酒飯,那幾個貼花布置新房。每遇垸裏有孩考上大學或是參軍入伍,只一聲鑼鼓響,垸裏的男女老少就會齊集樹下,一起把上學或參軍的孩子送到對面公路上。1982年冬,鄉親們也就是在這棵大桂花樹下,敲鑼打鼓把我送上對面公路,送出大山的。

在我的記憶裏,家鄉的大桂花樹還是親情樹。由於大桂花樹長在路邊,垸裏的這條路古往今來都是通往相鄰的安徽省必經之路,過往行人少不了在樹下歇個腳。於是垸裏的先輩們為了方便路人,特地打制了兩條石橙供行人歇息。百年來,垸裏的人但見有行人在樹下歇息的,總有人會主動送上茶水。久而久之,一些過往常客,只要在樹下歇息,就會扯一嗓子:來---茶---水---呀,保管不一會垸裏就會有女人提著茶水送來。我的娘親也就是其中送茶水的一位。更讓我不能忘懷的是,從我十一歲出村讀初中時起,三十四年來,不論春夏秋冬,刮風下雨,每次我上學或回單位上班,我的娘親總要把我送到大桂花樹下,目送兒子遠行,直到我走出對面的山坳,母親看不兒子的身影;每次我放學回來或回家探望父母,我的娘親總會早早地站在大桂花樹下把兒子眺望,三十多年,無數次送兒接兒,只要是母親知道兒回來,我總能一進山坳口就能看到大桂花樹下母親瘦小而親切的身影。也就是在這棵大桂花樹下,母親把兒送進初中,送進高中,送進大學,送進軍營……

分田到戶後,集體財產都分給了村民,唯獨這棵大桂花樹沒有分。每年桂花收獲季節,都是由垸裏幾位老人持公,組織人打下桂分給各家各戶,開始十來年,到也還無事。本世紀初,垸裏的幾位老人都相繼過世了。一年桂花飄香時,垸裏幾個年輕人打下桂花就地私分了。年底垸裏在外打工的人回來聽說此事,一時憤起,便將大桂花樹的枝叉砍去一大半,今年三月我回家時,那棵大桂花樹竟被垸裏好事者作價給賣了,這棵百來年的古桂花樹,現在路邊只留下十米見方的大坑……







  


Posted by stairhee at 15:56Comments(0)

2015年09月02日

莊稼人看一眼,心裏便樂開了花

喜歡在淺秋的季節裏,坐擁一季蔥蘢的綠意,用夏日未泯的情懷,來臨摹未曾走遠的一場繁華似錦,用一顆淡泊的心,去迎接一季五彩繽紛的秋韻。
人生如夢,匆匆而來,又匆匆而去,留一半清醒留一半醉。漫漫紅塵,我不過是來自於偶然的一粒微塵,何不用感恩的心,去坦然面對;花開花謝,四季輪回,人生道場,皆為過客,何不瀟瀟灑灑走一回?
喜歡安靜,也喜歡特立獨行。一個人獨處的時間久了,不免想優纖美容好唔好出去走一走,於是,騎一輛單車,選一條僻靜的鄉間小路,攜一份美麗婉約的心情,走進大自然。將心放逐,還原一份純真,一份美好,一份簡約,一份詩意。
此時,時光之筆還未曾染黃一季蔥郁,小路兩旁,各種野草叢生,繁茂依舊。秋雖已至,依然蔥籠如惜,欣欣向榮。尤其是那搖曳在風中的狗尾巴草,伸展著綠色的絨毛,臨風而舞,默默地吟唱著屬於自己的歌謠。
幾株夜來香已經悠然綻放,紅的奪人眼目,黃的嬌豔欲滴,只一眼,便有暗香浮動,過目難忘。花草間不時有蝴蝶飛來飛去,舞姿翩躚,樹上有鳥兒在歡唱,那清脆的鳥語裏,仿佛能滴出綠來。這正是,“留連戲蝶時時舞,自在嬌鶯恰恰啼”。
在路口濃密的綠蔭下,幾位老人正在饒有興趣的下棋對弈,佈滿滄桑的臉上,寫滿了歡喜。他們是那樣的隨意,或許,悠閒時的一杯茶,寂寞時的一袋煙,這就是農家人的樂吧。
那邊綠色的莊稼地裏,還有一位鋤草的婦人,她不緊不慢,不急不緩香港奶粉地打理著這片土地。哦,她是把時光當成了一塊錦,她一針一線,細細密密,穿起一朵朵細碎的花,繡出一幅畫,原來她在繡光陰呢。
你看,那玉米田裏,一個個快要成熟的玉米棒子,身著綠色睡袍,梳著羊角辮,好像抱在母親懷裏的一個個可愛的綠娃娃。莊稼人看一眼,心裏便樂開了花。
沿著綠色的長廊繼續前行,耳邊飄來悠揚婉轉的樂聲。那樂聲仿佛是從天上流淌下來的,抬頭一看,不遠處一片綠坡上,一位老人在放牧著一群可愛的羊。羊兒們悠然地吃著草,老農一手揮著鞭子,一手提著一個小型收錄機,各有各的樂趣。哈!聽的人都醉啦!
鄉間的田間,格外的寧靜。尤其是這個時候,夕陽即將西下,將暮未暮,一抹暖陽,給大地、樹木、莊稼和人,披上了一層金色的外衣,質地分明,熠熠生輝。讓人不由得聯想到幾個詞:歲月靜好,時光柔軟。寂寂燦燦,有一種恍若隔世的美,仿佛生了香,餘音繚繞,氤氳不散,靜美深遠。
極其喜歡這樣的時光。你只許靜默在一處,用心聆聽,仿佛一伸手,就能握住這日子的溫柔。所有的不快,一切的繁蕪,都在這一刻,隨風而散。有的只是一 顆閑閑的心,靜靜的念。不說昨天,不訂造梳化寫明天,良宵一刻值千金,惟願,將眼前點滴的小清歡,穿成一朵淡雅的時光之花,別在衣襟上。細細品味,慢慢欣賞。
  


Posted by stairhee at 17:08Comments(0)情感類

2015年08月14日

藏著只有一個人才懂得體恤的情懷

春,風的細膩,雨的溫馨;夏,california fitness收費蟬的熱情,荷的欣喜;秋,葉的回報,霜的磨練;冬,雪的純潔,梅的堅定。一年四季,我的每一天都將是一首動情的詩,充斥著溫暖,那是因為有你。
  
  在時間的縫隙裏,多少人來人往仿佛一陣春風,來也匆匆,去也匆匆;多少緣聚緣散仿佛一場春雨,濕了又幹,幹了又濕;多少相識相遇仿佛一夜春夢,風寒紗 縵,飄零似萍。“我是一點墨,總有潤不開的水岸燈影;我是一掬水,總有滌不清的濃情盛意。我願用萬古柔情,用一生的時間潤開那錦繡河山裏的水岸燈影;我願 以千古愛戀,用永恆的姿態蕩滌經年的過往呈california fitness 月費現萬裏追蹤的笑語嫣然;我願是那經年的美酒,用醉人的熏香渲染你千回百轉的波瀾人生;我願是日日夜夜伴你的一縷清風,撩撥你無窮的魅力散佈你迷人的幽香,我願用一生的等待,為你挽起三千青絲,換你的一次回眸。
  
  其實我從來沒有指望你會像我愛你一樣的來愛我,我也沒有指望你會像我疼你一樣的來疼我,我只是需要你一個堅定的態度,一個明確的在乎,我就會滿足。可 是我突然發現,你已經不是當初那個你,我發現一直都是我一個人在演戲,你從來沒有想要延續這份真情,或許……有一份牽念,根植在心上,每一年的季節回還, 都會必然萌動生髮。梨花又開放,憶起一場經年的花事,憶起一個人的好、一個人的情深意長,不敢觸碰的憂傷和歡喜,在心上伴著歲月輕緩流淌california fitness教練
  
  手捧一卷書,臨床而坐,思緒在遙遠的黃昏裏徜徉。草色如煙,風兒送來陣陣花香,吹醒了那些過往,勾起了昔時的回望。開滿梨花的黃昏下,是誰,吹起長 笛,一曲笛音,和著唐詩的清音,在那白雲之間流轉;是誰,將隨風舞起的花瓣,印滿古墨書香,與心裏裝不下的思念一起寫滿紙箋;是誰,在字裏行間,將一個失 落的遺憾在紅塵裏淺吟低唱,唱痛了我的心扉,留下了孤獨無 限的思念;是誰,坐落在樹下,細數著輪回了一季又一季的滿簾落花,柔柔的呢喃,瑟瑟的歎息,潺潺的相思,嫵媚了胭脂妖冶的芳華;是誰,沉醉在煙雨紅塵中, 墨香嫋嫋的書寫著人間的風花雪月,一首唐詩,一闕宋詞,一曲簫音,寫滿了前世今生無盡的眷戀。一季梨花如雪的開放,花如雪,雪似花,悠蕩在春風裏;一種沉 迷如蘭的香氣,芝如花,花似芝,散落在春雨中。那些乾淨、純粹的日子,雖然短暫,卻是歲月裏抹不去的念想;那些曾經一起的美好,分離時分的無奈,看梨花悠 然飄落的心傷與無措,是與自然的必然無法敵對而沉澱下的幽涼california fitness 呃人
  
  如今想來,那時淡淡的相守,默然的相知,卻是最真正而單純的擁有。今生與你相遇,我不再問何人伴我醉天明;今生對你傾心,我不再歎高山流水無知音;今 生不能相伴,我亦不會怨恨前生今世不了情。為了你,在繁華喧鬧的人群中,為你守一座城池;為了你,我拒絕了身邊所有的溫暖;為了你,等你在紅塵最深處。時 常翻看著舊日的文字,點點滴滴,絲絲縷縷,藏著只有一個人才懂得體恤的情懷。
  
  一個人的時候,靜靜地聽一首思念的情歌,聽到絲絲的心痛,聽到淚流滿面才明白,那些溫暖,那些記憶,還潛藏在心裏。愛,是風過心陌的娟婉,是雨落心田 的清潤;愛,是一季梨花勝雪,美麗,妖嬈,只一眼,便一生難忘記。我也知道,我從來都在你的視線中,從未走出你的心裏;我明白,一份默然的靜守,才是最 美、最聖潔的情意。
  
  一場微涼春雨,染了些許的落寞;一絲微涼清風,蕩起幽幽淡淡的思緒。伊可知道,我明知玫瑰花開不再,卻仍枕著一簾幽夢,把滿腹的相思,凝望成湖畔的燈 火,我不奢求你會突然在燈影中想起我的剪影,我只求那一點燈火的薄暖能讓你在彷徨的雨夜不覺孤單;伊可知道,我明知滄海難越,卻依然徘徊在落葉飄飄的塵 世,傻傻等待那漫天飛舞的黃葉能帶著那搖曳在垂柳枝頭的相思,滑過我的眉頭,越過思念的距離,停留在你的窗口;伊可知道,我明知此生你我或許再也不見,可我還念那一路花好月香,在雨巷的青石板上,依舊重複印烙我執著等待的腳步。  


Posted by stairhee at 11:28Comments(0)記事

2015年07月16日

清澈的溪水照見了我的影子

紅塵路上,揉碎一個紅塵夢,灑在心田,生根,發芽,成了一個江湖夢。唱一首紅塵歌,高山流水覓知音,雲遊四海,仗劍走天涯!江湖,從未遠去,江湖夢,一直在我們的心裏,彈指間,流年成一瞬,塵世,不過睜眼閉眼間,一雙人,一個夢,一個江湖名創優品
  
  那一日,我一身素紗衣,憑欄而坐,輕呷一杯清茶。驀然,視線裏,你一襲青衣,執一把雨花劍,似一朵落花般,飄然而至,我癡癡而望,似是在夢裏,又似在 眼前,覺得自己成了一朵小花,飄得老遠老遠,直至飄出了自己的世界,在你身邊翩翩起舞,甚是歡快,一朵一朵,一瓣一瓣的嫣紅,嫵媚了春光,醉了心懷。我忘 了自己是一個靜靜品茶的女子,只是一味地癡,一味的看,就那樣,仿佛在看一幅美麗的風景一樣。見你上了一輛馬車,恍惚間,感覺你瞥了我一眼,我澀澀的低下了頭,再次抬頭,已不見你的蹤影,內心卻竊笑自己的癡名創優品
  
  那一月,琴音嫋繞,日子漸近。我終日撫琴,只為完成自己的夢。水榭樓臺,一曲又一曲,輪到我,於眾人中,我一身淡青色,深情撫琴,彈至最深處,竟然落了淚,眾人醉,有人低聲而泣,有人望我如夢,有人癡癡若醉,一曲罷!竟然飄出了幾朵掌聲,清脆,美好, 我聞聲而望,你,一如當初,一襲青衣,濃眉,眼中帶著欣賞,帶著癡醉,更多的是一份解意,高挺的鼻樑,恍然發現你的正臉,如此俊美,儘管你並無刻意裝扮, 可是英俊容貌依然掩飾不住,臉部的線條俐落俊美,五官幾乎無懈可擊,我再一次癡了。看至全身,手中不見那日的雨花劍,換做的是一把古紅色的琴,我會心一 笑,想來也是同道中人。你邀我共奏一曲,我走出亭臺,走向你,至你面前,莞爾一笑,拿著琴,乘上一匹白馬,你上了一匹棕色的馬,眾人讚歎,或許是唏噓聲, 我不得而知。只知心中有些醉了,策馬賓士,耳邊呼呼的風聲好香好香,似是在一片花海,至一片桃花林,我們席地而坐,撫琴奏曲,桃花紛飛,甚是歡快,那日,撫琴覓知音,花兒伴舞,我們醉了,醉在了琴聲裏,醉在了桃花裏,醉在了紅塵裏名創優品
  
  那一世,人面桃花不知何處去,再次相見,已是一夢。自那日一別,我不知你何人,亦不知你的歸路,你不知我何人,亦不知我的歸路,彼此知道的,唯有一片 琴音。想,如若有緣,定能再見,我不打聽你的消息,亦不知你的歸期,只是靜靜撫琴,靜靜做自己,做個安靜的女子。我再次憑欄而坐,半遮面,為眾人撫琴,忽 聞一聲馬嘶聲,接著馬蹄聲由遠至近,腦中突然跳出了你,英俊的容貌,好聽的曲子,懂我的心意。曲罷,眾人靜寂,我深鞠一躬,抬頭,卻望見了眾人中的你,一 眼,僅僅一眼,就知道是你,一如初見,你一襲青衣,只是臉上多了一份激動,一份欣喜,我會心一笑,知道,你來了。可是,微笑的臉下麵心裏千回百轉,有些甜 有些澀,一滴淚,順臉滑落,滴在了心間,開出了一朵小花,我又一次癡了。你下馬,上了樓臺,走至我面前,半晌不語,好久,簡單的一句:你,過的好嗎?聽見 這一聲簡短的問候,我的淚似斷線的珍珠,係數落下,模糊了眼眶,濕了面紗。原來,那日偶遇,那月桃花林間撫琴,到現在的似在夢裏,我竟這般懷念,這般在 意,原來,一直在我夢裏,你不顧眾人詫異的眼光,輕輕取下我的面紗,深情地擦幹我的淚,帶我上馬,一路飛馳,路邊,花開的好燦爛,空氣裏,滿滿的陽光。至那片桃花林,我們背對而坐,望著天空,細數著自己的心事,仿佛,時光又回到了那日,我們撫琴奏曲,好不開心。曾幾何時,桃花滿天,相遇是桃花下醉人的琴弦,如何讓掩飾那一抹嬌怯的容顏人民幣匯率
  
  桃花林,桃花樹,桃花似的人,你深情地向我訴說你的經歷,我靜靜地聽,就像自己的經歷一般。也談及了那些往事。
  
  你深情地說:那日,見你靜靜品茶,不為世事所動,安然的樣子,像個孩子,有些好奇。那月,曲調悠揚,深情至深,再次好奇,見了彈琴人,一眼便知道是誰,一曲罷,為之讚歎,那片桃花林,那些彈過的曲子,你都記得。我醉了,醉在了你的眼眸裏,醉在了你的記憶裏。
  
  你換上一股認真,清澈的溪水照見了我的影子,輕柔地吐露:“此生,你是我最想珍惜的女子,遇到你是我的幸運,是上天對我的偏愛。你愛撫琴,我陪你,你愛江湖,我陪你,你,願意麼?”
  
  我莞爾一笑,卻笑出了淚花,我知道自從那一日初見,那一日桃花林撫琴,我的心就沉入了那清澈的溪水裏,雖然沒有江海般浩瀚,可我卻沉了。知道再次遇見,我才知道,原來,我已經如此念你,而我又何德何能,得你這般深情的諾言?
  
  此生有你,我願做個明媚的女子,不以外物而喜,也不以外物而悲。我重重點頭,淚順著眼眶流入心臟,在那裏開出了一朵小花,我知道,此生,你就是我要等的人。
  
  一襲青衣,一把雨花劍,一把古紅色的琴,就這樣,驚了我的心弦,醉了我的笑顏。此生,我要的不多,只要一個可以護我懂我的人。
  
  我只是個平凡的女子,只是於千千萬萬個面孔中遇見了你,這是前世的情還是今生的緣?一雙人,一個夢,就是一個江湖,。有你,哪里都是江湖,恍然入世,恍然如夢,前塵的舊夢,或許不過一盞清涼罷!
  


Posted by stairhee at 11:31Comments(0)記事

2015年06月12日

薄薄的青霧浮起在荷塘裏

這幾天心裏頗不寧靜.今晚在院子裏坐著乘涼,忽然想起日日走過的荷塘,在這
滿月的光裏,總該另有一番樣子吧.月亮漸漸地升高了,牆外馬路上孩子們的歡笑,
已經聽不見了;妻在屋裏拍著閏兒,迷迷糊糊地哼著眠歌.我悄悄地披了大衫,帶上
門出去名創優品香港.
沿著荷塘,是一條曲折的小煤屑路.這是一條幽僻的路;白天也少人走,夜晚更
加寂寞.荷塘四面,長著許多樹,蓊蓊鬱鬱的.路的一旁,是些楊柳,和一些不知道
名字的樹.沒有月光的晚上,這路上陰森森的,有些怕人.今晚卻很好,雖然月光也
還是淡淡的名創優品香港.
路上只我一個人,背著手踱著.這一片天地好像是我的;我也像超出了平常的自
己,到了另一個世界裏.我愛熱鬧,也愛冷靜;愛群居,也愛獨處.像今晚上,一個
人在這蒼茫的月下,什麼都可以想,什麼都可以不想,便覺是個自由的人.白天裏一
定要做的事,一定要說的話,現在都可不理.這是獨處的妙處;我且受用這無邊的荷
香月色好了.
曲曲折折的荷塘上面,彌望的是田田的葉子.葉子出水很高,像亭亭的舞女的裙.
層層的葉子中間,零星地點綴著些白花,有嫋娜地開著,有羞澀的打著朵兒的;正如
一粒粒的明珠,又如碧天裏的星星,又如剛出浴的美人.微風過處,送來縷縷清香,
仿佛遠處高樓上渺茫的歌聲似的.這時候葉子與花也有一些的顫動,像閃電般,霎時
傳過荷塘的那邊去了.葉子本是肩並肩密密的挨著,這便宛然有了一道凝碧的波痕.
葉子底下是脈脈的流水,遮住了,不能見一些顏色;而葉子卻更見風致了.
月光如流水一般,靜靜地瀉在這一片葉子和花上.薄薄的青霧浮起在荷塘裏.葉
子和花仿佛在牛乳中洗過一樣自動貼標機;又像籠著輕紗的夢.雖然是滿月,天上卻有一層淡淡
的雲,所以不能朗照;但我以為這恰是到了好處--酣眠固不可少,小睡也別有風味
的.月光是隔了樹照過來的,高處叢生的灌木,落下參差的斑駁的黑影,卻又像是畫
在荷葉上.塘中的月色並不均勻,但光與影有著和諧的旋律,如梵婀玲上奏著的名曲.
荷塘的四面,遠遠近近,高高低低的都是樹,而楊柳最多.這些樹將一片荷塘重
重圍住;只在小路一旁,漏著幾段空隙,像是特為月光留下的.樹色一例是陰陰的,
乍看像一團煙霧;但楊柳的丰姿,便在煙霧裏也辨得出.樹梢上隱隱約約的是一帶遠
山,只有些大意罷了.樹縫裏也漏著一兩點路燈光,沒精打彩的,是渴睡人的眼.這
時候最熱鬧的,要數樹上的蟬聲與水裏的蛙聲;但熱鬧的是它們的,我什麼也沒有.
忽然想起采蓮的事情來了.采蓮是江南的舊俗,似乎很早就有,而六朝時為盛,
從詩歌裏可以約略知道.采蓮的是少年的女子,她們是蕩著小船,唱著豔歌去的.采
蓮人不用說很多,還有看采蓮的人.那是一個熱鬧的季節,也是一個風流的季節讀寫障礙.  


Posted by stairhee at 13:10Comments(0)情感類

2015年06月09日

爺爺送了一只小鴨子當寵物

  暑假的時候,爺爺送了一只小鴨子當寵物,小鴨子可愛極了,我給它取了個名字叫“毛毛” 潔面產品
  “毛毛”有一身黃色的毛茸茸的衣服,一雙黑溜溜的小眼睛,一張黃澄澄的扁嘴巴,在翅膀的兩側,有一個像黃豆般的小斑點,兩條短而靈活的腿,趾間有蹼。別看鴨子的翅膀又大又寬,但鴨子卻不會飛。“毛毛”的樣子可真討人喜歡!
  “毛毛”喜歡吃的東西可多了:白菜葉、魚、西瓜……“吃午飯了!”我把幾片白菜葉喂給“毛毛”。因為“毛毛”不熟悉我,不敢吃白菜,連連退後了 幾 步。可是,見到我沒有傷害它的意思,他便壯膽走上前去,吃了一小口,一嘗,才知道是自己喜歡吃的白菜,接著大口大口的吃起 來自閉症。吃完還不忘喝幾口水,接著心滿 意足地揚長而去。
  我把“毛毛”帶到小溪裏,“毛毛”一見到水,變得十分興奮,“嘎嘎嘎”地叫,似乎再說:“快!快!快!我要游泳!”“毛毛”撲通一聲,跳到水 中,一 會兒打水仗,一會兒游泳,一會兒在水中激起浪花,一會兒挺直身子,扇動兩只有力的翅膀。我正在岸邊洗青菜,被它一折騰,不少青菜都順水流走了。我生氣地望 著它,它似乎也知道錯了,漸漸平靜下來。我唱著歌,正準備回家。突然“嘩”的一聲,我全身都濕了,聽見一陣“嘎嘎嘎”的笑聲。原來是“毛毛”這個淘氣包 做的好事。“毛毛”慢吞吞地遊了過來,用它那雙黑溜溜的眼睛望著我。這時網 ,我心中的怒氣全消了。我用手摸了摸它的小腦袋,它立刻興奮起來,好像在說:“小主人原諒我了!小主人原諒我了!”
  “毛毛”實在太可愛了,我要好好愛護它,不讓別人欺負露天餐廳它。
  


Posted by stairhee at 12:41Comments(0)記事