2015年11月24日

嬉しそうに言っ


ハンドルを握る涼太もた。端正なその横顔は、この紅葉の山の中で一層映えている。私、横山美加は27歳の彼は、藤原涼太29歳。私たちは1年前初中數學教學に同じ会社で出会い、交際を続けている。涼太は背も高くイケメンでなおかつ優秀な社員だ。女子社員のあこがれの的だけど、何故が私を気にいってくれて意気投合している。お互いに地方の実家を出て小さなマンションに一人暮らしだ。たまたま読書の趣味が同じで、会えばいつも本の話になる。難しい文学ではなく二人とも大のミステリー好きだ。私はアガサクリスティの作品のフアンだ。

11月に入り、奥多摩の紅葉を見に行かな願景村いかと涼太に誘われた私は早速紺色のの助手席に座った。山は全山燃えるような紅葉だった真っ青な晩秋の空に赤や黄色の色が映えている。「新緑の頃もいいけど、この季節は僕は一番好きなんだ」そうね、私も」

峠のおしゃれな喫茶店で私たち物理補習は向かい合って熱いコーヒーを飲んでいる。良かったら、来週にでも僕の両親に紹介したいけどどうかな?」えっ!!いに彼は私との結婚を考えてくれたんだ。最近私たちは結婚を意識するようになっていた。結婚するなら彼しかいないと私は思っていた。きみのご家族にも挨拶に行かなければ」イケメンの涼太は見れば見るほど素敵だ。こんな素敵な人と結婚できると思うと私はわくわくする。帰りに渡したいものがあるから君のマンションによってもいいかな?」





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
嬉しそうに言っ
    コメント(0)