2016年04月13日

人が通る二列分の道

注意しないとミミズを踏み潰さないこと無しには歩けないのだ。 恐ろしいことに、僕は病院のバイトの帰り道いつもこの坂を通るのだが、その坂を通起維數學教室るときはいつも夜だったので、雨の日にミミズが大量発生していることに気づくまで引っ越してから半年かかった。 


きっとそれまでに何十匹ものミミズを踏み潰していたのだろう。南無。

今朝はこの坂を通って仕事に向かった。天気は快晴で、ミミズの心配はない。 急ぎ足で人々が僕を追い越し、通り過ぎていく。 頭の上に、神社のイチョウの木とクスノキの枝が張り出している。 

歩道には、たくさんの黄色い落ち葉が、を残して積もっている。 静かな朝の空気を、落ち葉が踏まれた時の「シャク、シャクッ」という音が満たす。手にとって確かめられるほど、秋の存在が感じられる。僕は大きく息を吸い込み、澄んだ淡い空の青を眺め、イチョウの木を眺め、落ち葉を踏み潰して歩く。そして周囲の人々の顔を眺めDream beauty pro 脫毛る。 

あまりに日常的な表情をした人々を見て、僕は少し悲しくなる。 彼らは毎日この道を通って会社や学校に向かう<のだ。  


Posted by stairhee at 10:39Comments(0)